美容師が教える髪と頭皮の紫外線対策

美容室アクアスのスタッフが教える髪と頭皮の紫外線対策

紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいますが春先からぐっと増えていきます。皆さん早くから日焼け止めをお肌に使っているようです。でも、髪は…? 

髪の毛は、顔の5倍以上も紫外線のダメージを受けています

「髪にとって怖いのはUV-B。メラニン色素を分解するので、髪の色が変わったり、体の細胞に攻撃を与えることが出来る物質の活性酸素の影響でキューティクルがひび割れたり。手触りや見た目を大きく損ないます。夏しか日焼け対策をしていない人が油断しがちな4月の紫外線量は、なんと9月とほぼ同じ!9月といえばまだ残暑が残る時期なので、日焼け止め等で対策をしている人も多いはず。そうとなれば4月から紫外線対策をしないわけにはいかない、というわけです。

紫外線にはA、B、C 3つのタイプがあります (*_*)

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類がありますが、地表に届き肌へ影響するのは「UV-A」「UV-B」の2種類。UV-A」は地表に届く全紫外線の約95%を占めるエネルギー自体は小さいものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響大!!肌の奥まで届き、肌の弾力低下やシワやたるみといった肌の老化現象を引き起こします。皮膚の色を黒くする日焼けの原因となっているのがこのUV-Aです。UV-B」は地表に届く全紫外線の約5%を占める屋外での日焼けの主な原因となる肌の特に表皮に強く作用し、赤みや炎症の原因となります。海水浴に行って、顔や肩、背中が赤くなってヒリヒリするのはUV-Bによる日焼けが原因です。「UV-C」はオゾン層などで吸収され、地表には到達しません。

~賢い日焼け止めの選び方~

皆さんは日焼け止めを選ぶとき、何を基準にして選んでいますか? SPF値の高いもの、つけ心地が快適なもの、価格が良心的なもの、どれも間違いではありませんが、利用シーンや肌タイプに合わせて日焼け止めを選ぶと、より効果的に日焼けを防ぐことができるんです。UVケアが甘いと、シミはもちろん、シワやたるみなどのエイジングサインがじわじわと増えていくため、この機会にぜひ、日焼け止めの賢い選び方をマスターしておきましょう( *´艸`)

SPFとPAの違いって??

日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示。これは何を示しているか知っていますか? SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。それぞれの違いをきちんと理解することで、利用シーンや肌の悩みに応じて、どんな日焼け止めを選ぶべきかわかるようになります。SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表しています。PA」とは一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表しています。

上手な日焼け止めの使い方は?

髪の日焼け止めには、べたつかずに髪の毛につけやすいように、スプレータイプのものが出ています。体と共用できるタイプのものもありますね。髪の日焼け対策は美髪を保つためには大切ですが、使い方を間違うと頭皮が詰まって、頭皮のトラブルに繋がってしまうことも。髪に日焼け止めスプレーをかけるときは、髪の毛をつまんで広げ、中間から毛先を中心にスプレーしましょう。毛穴がつまり頭皮トラブルに繋がってしまうので、頭皮に直接かけないように注意が必要です。根元近くは軽くふるか、日焼け止めの代わりに、洗い流さないトリートメントでコーティングして紫外線対策をしましょう。また、スプレータイプであってもどうしても塗りムラは出てきてしまうので、洗い流さないトリートメントやヘアワックスをもみこんだ後に、日焼け止めスプレーするW対策もおススメす。

日焼けした髪のアフターケアは秋が大切!!

紫外線のつよい日は頭皮も日焼けしているから、肌と同じで化粧水で保湿すると、頭皮の乾燥やかゆみを防いで、パサパサになった髪の保湿にも役立ちます。お肌用の化粧水でも保湿はでき、毛穴がキュッと引き締まり、ふわっとたちあがりますよ。きちんと髪のUV対策も行えば、キューティクルの損傷を防ぐことは可能です!健康的な髪をキープするために、これからは肌だけでなく、髪や頭皮のUV対策も積極的に行いましょう。髪の紫外線対策には、「日焼けを防ぐケア」と「日焼け後のケア」の両方が大事だと言われています。肌と違い、髪は一度ダメージを受けると自ら修復する力がないため、まずは「日焼けを防ぐケア」に力を入れるのが効率的なんです。夏の終わりに気づいたら髪がパサパサ・ゴワゴワ・・・そんな状態ではせっかくの夏の思い出が台無しですよね。そうなるまえに、髪のUV対策も万全にして日焼けから髪の毛を守っていきましょう!

広島・岡山でクセやうねり・ダメージ毛の髪質改善・エイジングケアを行う美容院「AQUAS hair design | アクアス ヘアーデザイン」

>>ヘアサロンのご予約はこちら